Sunday, February 24, 2019

スカイツリーが近くに見えるジャズスクールで教え始めました。スカイツリーが見えた時は東京なんだなぁと思います。生徒さんは色々な方がいます。音楽性や持ち味、どうしたらジャズピアノが弾けるようになるか、という最大の悩みも皆さんそれぞれでとても教えがいがあります。自分も初めの頃はうまく弾けず本当に悩んだものでした。また理想が高ければ高いほどそのギャップに落胆の日々。そんな日々があり少しずつ解決していったからこそその分、今は生徒さんの心境がとてもわかります。ある程度まで弾けるようになるためには何をどうしたら今はベストか、どんな練習をしたら良いかなど手に取るように見えてきます。しかし生徒さんが今欲しっているものは別のことだったりするので、そこが教えていて難しいところ。ジャズは本当に合理的な音楽でアメリカらしい音楽だなとよく思います。色々な曲を弾いていると必ず壁にぶち当たりますが絶対に想像してたよりもっと楽で合理的な抜け道があってそれが答えや少なくともヒントになります。それが見つかった時は「やったぁ!」とか「単純にそういう事かぁ。」て感じです。あとはそれらを素直に練習して丁寧に組み立てる根気の作業なんです。
今までオンラインでも教えてきましたが、最近改めて教える側になって思うことは、今まで日本とアメリカで教わってきたたくさんの音楽家の先生達にも自分の音楽的な上達をすごく応援されていたのだなとつくづく感じます。だから私が関わった生徒さんには少しでも上手になってもらいたいし、喜んでもらいたいし。レッスンで笑顔になってくれた時が喜びです。音楽を通して人々の純粋な喜びに触れた時、素直に演奏て楽しいもんだなぁと思える瞬間です。ジャズとかクラシックってストイックになりがちなんですが、それでも心置きなく精一杯何事も楽しむことは生きていてすごく大事だなぁと、それが音楽の原点なんだなぁ気付かされます。そして自分がそれらに心救われているのだなぁとも感じます。いつも応援する気持ちでいっぱいです。

Tuesday, January 22, 2019

昨年の年末に仕上げたフルオーケストアレンジ。アクションアドベンチャーの映画を想定したアレンジ。色々なハーモニーを追求する中でついにクラッシック音楽やオーケストラまで書けるようになった。CDなど耳に聴こえたジャズやクラシックの複雑なコードも全てピアノで再現できるようになってしまった。もうほとんど知っている響きばかりだ。色々網羅しつつある。スキルだけは上がっていく。。。

Wednesday, December 5, 2018

Bostonから実家へ、そして東京に引っ越しました。
そしてピアノも一緒に引っ越しです。部屋から出すのも大変です。あらかじめ部屋を片付けておいて、グランドピアノの足を外して入念に梱包して死ぬほど重いピアノをうまく角度を変えたりして持ち出します。運送屋の人はプロなので息の合った連携で専用の工具などを駆使して動かします。それでも大変そうです。最後に二階からクレーンで降ろしてトラックに無事に入りました。クレーンで釣っている時、もし下に落ちたらとハラハラしてました。そしてそんなピアノを見ているとこれまで一緒にやってきた思い出、そしてこれからの事など少し感慨深い気持ちなりました。このピアノのおかげで上達もしたし自信ももらいました。そして次の部屋では狭いキッチンを試行錯誤してなんとかギリギリ通り抜けて無事に設置できました。この時もすごくハラハラしました。もしこれが入らなかったらまた別の部屋を探して引っ越さないといけないのでほんと祈りました。次のアパートは天井が高いので良く響きます。そして壁が超薄いので防音を考え中です。











Saturday, April 21, 2018

バークリージャズ作編曲科のシニア学生が集結してお届けするビッグバンドコンサート。私はジャズスタンダード曲のPrelude to A Kissのビッグバンドアレンジで参加します!

Friday, April 6, 2018

4管、6管のブラスアレンジでお届けするバークリーでのスペシャルライブ。世界中から集まった総勢10名のミュージシャンの大編成ジャズバンド!!





Thursday, January 4, 2018

Fugue in G minor


バッハの時代の4声のフーガの作曲に挑戦してみました。subject(主題)が何度も曲中に調を変えて出てきます。そしてtonal answerやcounter subjectと呼ばれる主題の呼びかけに対する返答も出てきて複雑さがより増します。バッハの音楽を分析するととても数学的に計算され尽くした美しさがあり、その中でもバッハの冒険的な音の選び方、またバロックの時代に活躍した音楽理論家のMarpurgの旋律の移調法などを使用していたり、平均律クラヴィーア中の作曲を紐解いていくとそういったバッハの人間的な部分が楽譜から見れたのがとても興味深かったです。こういった主題の展開はジャズにおける即興にも必ず使われています。バッハのような対位法の音楽を作る事はジャズの即興をする事にとても似ています。よくジャズとクラシックの違いはなんだろうと話題になることが多いと思います。私が思うにクラシックは偉大な作曲家が残した楽譜を元に料理でいうレシピから料理を作る感覚で、ジャズは素材を組み合わせながら一つの題材を目指して料理する感覚ではないかと思います。ジャズもクラシックも素材の味を理解して料理することが共通して大事だなと思いました。

Sunday, November 19, 2017

ライブ

先日無事にリーダーライブが終わりました。場所押さえ、曲作り、アレンジ、練習、楽譜作成、ミュージシャンのオファー、リハーサルから本番いろいろな工程を日々の忙しさの中で進めていく大変さを感じながら、充実感も感じて本番が終わった後はとても達成感がありました。お客さんも楽しんでくれていたようなので良かったです。うまくいったこと、いかなかったこと反省点もいろいろありますが、逆にそれが次に活かせる恵みにもなります。ライブを重ねて自分の音楽や自分自身を磨き上げていけたらと思います。今回のライブいくつか動画にアップしています!オリジナルが二曲、スタンダードが一曲です。良かったらご覧ください!!